高齢者の血圧コントロールにアダラート

血糖、尿酸、脂質などに影響しないアダラートは多くの合併症を抱える高血圧症患者の味方!食事療法だけでは難しい血圧コントロールは是非アダラートで整えて!

ミカルディスの効果と副作用について

ミカルディスは高血圧症の人に対して、血圧を下げるために処方される薬剤のひとつです。食事やストレスなどが原因で普段から血圧が高い状態が続くと血管に負担がかかります。するとだんだん血管が硬くなり弾力性が失われて動脈硬化となっていくのです。動脈硬化は全身に血液を送る働きを低下させるために、ポンプ機能である心臓の負担が大きくなって更なる高血圧を招くこととなってしまいます。
そこで血圧をあげてしまう物質に注目したのがミカルディスの効果です。血圧をあげる物質のひとつにアンジオテンシン2というものがあります。このアンジオテンシン2の作用を阻害することで血圧の上昇を防いで降圧が見込める、これがミカルディスの代表的な効果となります。
ミカルディスには他にもいろいろな作用があるのが特徴です。一般的にはインスリン抵抗性改善作用と言われています。分かり易く言うと、血糖値をさげるインスリンの効き目が悪くなっている人への改善効果です。インスリン抵抗性というのは肥満や高血圧の人に良く見られる症状で、インスリンが分泌されてもブドウ糖などが筋肉などに吸収されず血糖値が高い状態が続いてしまい、糖尿病を発症してしまう可能性が高くなるのです。ミカルディスにはこうしたインスリン抵抗性を改善する働きがあると考えられています。
血圧を上げてしまうアンジオテンシン2の作用を阻害するミカルディスに対して、アンジオテンシン2の生成を阻害する薬もあります。しかしアンジオテンシン2の生成にはいくつかの経路があり、そのすべてを阻害することは出来ません。ミカルディスはどのような経路で生成されたアンジオテンシン2であっても作用を阻害することが出来るために、高い降圧作用があるのがメリットです。
糖尿病治療のみで処方されることはありませんが、糖尿病と高血圧を合併している人には向いている薬として使用されています。
また、ミカルディスの代表的な副作用は、低血圧・めまい・頭痛・血中尿酸値上昇・発疹といったものがあげられるでしょう。そして重篤な副作用報告もあり、そのひとつに血管浮腫があります。ミカルディスによって血管浮腫が起こる原因ははっきりとはわかっていませんが、血管浮腫が起こるとのどや舌・唇などに腫れが生じることがあるのです。最悪の場合呼吸困難に陥ることも予想されるために、のどや舌などに異常を感じた場合は病院を受診するようにします。
めまいも重篤な副作用と考えられています。降圧効果により急激に血圧が下がると、めまいや意識が薄れるといった症状が起こることがあるでしょう。もし運転中にこうしためまいや意識障害が起こると大事故につながる恐れもあります。そのため、たかがめまいと考えずに日頃から注意する必要があるのです。
また頭痛は腎機能障害から引き起こされている可能性もあります。ミカルディスには、体内のナトリウムを増やす代わりにカリウムを減らすというホルモンの作用を阻害する働きがあります。そのためにカリウムが増えすぎてしまい腎臓機能に障害が出る可能性が報告されているのです。頭痛が長引くようであればと腎機能の低下を疑い、病院で検査することが望ましいでしょう。
腎機能の低下は尿酸値上昇の原因となることもあります。これは本来であれば尿と一緒に排出されるべき尿酸の量が、腎機能の低下によって上手く排出されないために血中尿酸濃度が高くなってしまうことが考えられます。尿酸値上昇の代表的な疾患は痛風ですが、それ以外にも腎障害の悪化・尿路結石・脂質性異常・高血圧などの病気を引き起こすリスクが高まるとも言われており注意が必要です。
ミカルディスの副作用発生率は全体の6%程度であり安全性は高い薬剤と知られています。適正に使用した場合は重篤な副作用が起きる心配はほとんどありませんが、少しでも異常を感じたらすぐに受診して相談するといいでしょう。