高齢者の血圧コントロールにアダラート

血糖、尿酸、脂質などに影響しないアダラートは多くの合併症を抱える高血圧症患者の味方!食事療法だけでは難しい血圧コントロールは是非アダラートで整えて!

顔面紅潮メカニズムを知って食事療法で血圧を管理する

 高血圧とは上が140、下が90以上の人のことをいいます。以前は、上が135、下が85以上だったのですが、最近、人間ドッグ学会が数値を変更しました。とはいえ、140以内だからと安心していてはいけません。人間の血圧は常に変動しています。安静時は140でも、走ったり、興奮すると、顔面紅潮メカニズムで顔が赤くなり、血圧も160ぐらいにあがっています。
 顔面紅潮メカニズムは激しい運動や興奮、緊張などで、交感神経が興奮します。すると、血管に流れる血液量が増え、末梢の血管にまでたくさんの血液が流れます。よって、顔が赤くなります。血圧も上がります。
 反対に、安静にしている時間が長いと、副交感神経が優位になり、血流量もへり、血圧もさがります。夜、寝ているときは副交感神経が優位なので、朝起きたときは顔色が青白かったりします。起きて、1~2時間ぐらいで交感神経に切り替わります。
 顔面紅潮メカニズムを知って、顔が赤くなっている時は、血圧が上がっていると考え、安静にしましょう。高血圧の人は激しい運動は控え、30分~1時間ぐらいのウォーキングなどの軽い運動を毎日するといいです。動脈硬化の血管も軽い運動をすれば、筋肉の中には血管があるので、筋肉が動けば、血管も収縮し、血管が柔らかくなります。
 食事療法も大切です。薬に頼る前に、減塩食にしましょう。体にいいからと毎日梅干を2個食べていた人が、やめただけで40ぐらい下がった例もあります。漬物、佃煮、梅干は、やめるか、2日に1回、薄味のものにしましょう。いくら薬を飲んでいても、食事療法をしなければ、治りません。家族も協力して、素材の味をいかした料理、だしや、レモン、しょうが、ミョウガなどで、味に変化をもたせれば、薄味でも美味しくいただけます。薄味の食事療法は腎臓にもいいし、肥満防止にもなります。濃い味の物はどうしてもごはんをいっぱい食べたり、お酒がすすむからです。