高齢者の血圧コントロールにアダラート

血糖、尿酸、脂質などに影響しないアダラートは多くの合併症を抱える高血圧症患者の味方!食事療法だけでは難しい血圧コントロールは是非アダラートで整えて!

高血圧管理の第一選択薬と飲料の相互作用

生活習慣病の一つとして重大な疾患の発症に大きなリスクとなることが知られている高血圧の治療においては、血管の内圧の上昇による血管への負担を軽減することが重要視され、降圧剤を用いてその管理が行われます。一方で、降圧剤による管理はあくまで重大な疾患が発症してしまうリスクを下げるための対症療法であることから、根本的な解決を目指して食事を中心とした生活習慣の見直しと実践が行われます。
高血圧治療についてはガイドラインが設定されており、血圧管理において第一選択薬が定義されています。カルシウム拮抗薬、ACE阻害剤、ARB、サイアザイド系利尿薬、β遮断薬ががガイドラインに記載されている第一選択薬です。実際には安全性や利用実績、効果の高さといった観点からカルシウム拮抗薬、ACE阻害剤、ARBが第一選択薬として選ばれることが多いのが実情です。これらの中から選ばれた医薬品が少量投与から始められ、患者に応じた投与量が設定されて血圧管理が行われていくことになります。
患者に応じた薬の容量を説明する医者のイメージ
これらの第一選択薬の多くに共通する注意事項があります。それは飲料の影響を受けて医薬品の血中濃度が高まってしまい、著しい血圧降下をもたらしてしまうことがあるということです。その代表的なものとして注意喚起がなされる飲料がグレープフルーツジュースです。グレープフルーツジュースに含まれるフラボノイドが医薬品の代謝を行う酵素の機能を阻害してしまうことによって、想定していたよりも高い濃度で医薬品が血中にとどまることになってしまうのです。こういった飲料の影響を受ける医薬品は数多く知られていますが、降圧剤の中にはグレープフルーツジュースと相性が悪いものが多いことへの認識は大切です。